カテゴリー:未分類

クーパー靭帯を復活させる方法、バストのアンチエイジング法! 

女性であれば綺麗なバストは誰もが憧れますよね。

 

バストエイジングのキーワードに「クーパー靭帯」といものがありますが、

 

そもそも「クーパー靭帯」とは何か?

 

「クーパー靭帯の復活術」について紹介します。

 

 

「クーパー靭帯」とは何か?

 

「クーパー靭帯」って、初めて聞くような言葉ですよね。

 

クーパー靭帯とは、おっぱいの乳腺や脂肪分を吊り下げる重要な靭帯です。

 

本来クーパー靭帯が正常であれば、しっかりと上向きの綺麗なバストを維持することが出来ます。

 

しかし、この靭帯は何らかの影響で一度でも伸びたり傷ついたり更には切れてしまうとバストの何たちが崩れてしまい、バストが下に垂れてしまいます。

 

いわゆる「垂れ乳」のような状態になってしまうということです。

 

 

バストケアで、クーパー靭帯を守る

 

 

クーパー靭帯が切れてしまう影響の理由に、

 

激しい運動をして胸を上下に揺さぶったり、睡眠時にナイトブラなどおっぱいのケアをせずに寝てしまうと、クーパー靭帯はどんどんダメージを受け靭帯が切れる要因になってしまいます。

 

クーパー靭帯を簡単に例えると、ゴム式のズボンでゴムが伸びすぎてズボンそのものがだるんだるんになってしうようなイメージですね。

 

やはり、一番大事な事は、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしないようにしっかりと保護をして日ごろから気を使ってあげることがダメージの軽減や更に”切れる”という状態にならないような事に繋がります。

 

 

クーパー靭帯が切れちゃった… 確認方法

 

クーパー靭帯が切れてしまっているかの確認は非常に簡単です。

 

1.まず、胸のふくらみを確認しましょう

 

 

胸のふくらみの位置がどこから始まっているかでクーパー靭帯が切れたときに、胸のたれ具合を自分で把握することできるんです。

 

一番の理想は、脇の下から胸の脂肪のふくらみが始まっていることが一番のポイントです、つまり、脇の下に近ければ近いほど良いと言われています。

 

クーパー靭帯が切れて胸が垂れ気味になっているほど、脇の下から胸のふくらみが位置として遠くなっていきます。

 

2.バージスラインがはっきりしているか?

 

画像:feely(フィーリー)様より

 

まず、バージスラインとはおっぱいの下の丸い部分です。

このラインが、ブラジャーと合わせやすいかどうかが特にポイントになります。

つまり、このラインが分かりにくい、ブラと合わせにくいと感じた場合が、クーパー靭帯が切れている可能性が高いと考えられます。

 

 

クーパー靭帯を復活させる方法

 

 

現在の医学の中では、豊胸手術などいろいろありますが、1つだけ”復活”をさせる方法があります。

それは、「光豊胸」と言われているバストアップ施術です。

 

残念ながらこれを対応している病院も全国で限られてはいますが、クーパー靭帯の修復等ができる術式を言われています。

この方法の一番のメリットはおっぱいにメスをいれなくてよいという利点があります。

 

患者にとってはありがたいことですね。

 

主に光の力でバストアップが可能な豊胸術です。

手術内容は、特殊な波長の光を胸に当ててバストの脂肪細胞に直接的に働きかけそれによって乳腺が刺激されて、血流やリンパの流れを改善させることができます。

 

出術価格は、2万円~3万円前後で、一般的な豊胸術よりも非常に安くてお手軽かもしれません。
しかし、先ほども述べたように対応している病院はとても少ないのでインターネット等でじっくり調べてみる必要がありますね。

クーパー靭帯の鍛え方。バスト土台を鍛えてバストアップ

一度伸びたり傷ついてしまったクーパー靭帯は、元に戻らないので、まず一番にクーパー靭帯を傷つけないようにする事が大事です。

 

ただクーパー靭帯は、コラーゲンの塊なので、クーパー靭帯自体を鍛える事はできません。

 

じゃあ、どうすれば鍛える事ができるの?

 

謎ですよね。

 

ここでは、クーパー靭帯の鍛え方おお伝えします!

 

クーパー靭帯の鍛え方

 

 

コラーゲンの塊のクーパー靭帯を直接鍛える事はできませんが、

バストの土台となっている大胸筋小胸筋鍛える事で筋肉えると、筋肉が胸を支えてくれるので、クーパー靭帯の負荷を減らす方法が効果的です。

 

大胸筋とはバストの下にある筋肉で、バストの土台となっています。

 

画像:くすだ接骨院様より

 

大胸筋の上部はバストを引き上げる役割を、

 

下部はバストを支える役割をしているので、大胸筋を鍛える事でしっかりと張りのある胸をつくり、クーパー靭帯を守る事に繋がります。

 

 

バストを支える!大胸筋の鍛え方

 

 

    1. 胸の前で両手を合わせます。大体バストトップの高さで、脇はしっかりと開くように合わせます。
    2. 両手で押し合うようにして力を入れます。この時腕で押すのではなく、胸の筋肉を使うように意識します。
    3. 両手に力を入れたまま胸の近くから遠くへと往復するように曲げ伸ばしします。
    4. 10往復くらい目安に行いましょう。

 

ほんの数分で終わるので、毎日続けるとベターです。

刺激が少ないようであれば回数を増やしていくと良いでしょう。

 

 

胸の垂れを防ぐ!小胸筋の鍛え方

 

 

小胸筋は大胸筋の裏にある筋肉で、胸の垂れを防いでくれます。

 

小胸筋は凝りやすく鍛える前にしっかりとほぐす事も意識しましょう。

 

小胸筋は脇の上の指4本分のやや内側にある小さい突起部分です。

 

この部分を少し痛い程度でゴリゴリとほぐしてあげましょう。

 

普通にほぐしてあげるだけでも十分なのですが、小胸筋は呼吸とも関係ある筋肉になるのでしっかりと深呼吸しながらほぐすとより効果的です。

 

またお風呂上がりなど体が温まった時にやるとより効率よく老廃物もながれ栄養がしっかりと行き届くのでオススメです。

 

画像:女性の美学様より

 

  1. 小胸筋を鍛えるのに簡単な方法は、椅子に背を向けて肩幅程度開いて椅子に手を付きます。
  2. 膝を90度になるように曲げて(空気椅子に座るイメージ)ゆっくり4秒かけてお尻を下げ戻るようにしましょう。

 

これを1日ワンセット5回程度するだけでオッケーです。

現代人はスマートフォンやデスクワークのために小胸筋が凝り固まっている人が多いです。
まず鍛えるよりも凝りをほぐすを行うようにしましょう。

 

 

 

また、猫背を治し姿勢をよくするだけでも違いますので、常に姿勢を意識しておくと良いです。

クーパー靭帯は傷つけないように意識した生活を行うと共にクーパー靭帯だけで胸を支えるのではなく、胸周りの筋肉全体で支えることでより美しいバストを手に入れましょう。

バストエイジングの目印!クーパー靭帯が切れたか確認する方法

クーパー靭帯は胸全体を重力に負けないように支えてくれていますが、1本の靭帯で支えているものではなく毛細血管のように無数に胸の中に広がってっています。

 

それ故に、とっても繊細でもろい繊維のようなものなのですが、

クーパー靭帯が1本や2本切れたり傷ついたりしても痛みもなく感覚もありません。

 

そんな自覚症状がないクーパー靭帯ですが、切れたり傷ついたりした場合判断する方法は2つあります。

 

 

クーパー靭帯が切れたか確認する方法

 

 

網状に無数に広がるクーパー靭帯は、切れたというよりもクーパー靭帯が何%傷ついてしまった、切れてしまうったという表現が正しいのですが、

残念ながらクーパー靭帯が傷ついたり切れてしまっても自覚症状をもつ事は難しいです…

 

ですがここでは、簡単に判断できる方法を大きく2つに分けて紹介しますね。

 

判断方法1.胸が垂れているか?

 

 

まず1つめ、胸が垂れているかどうかです。

 

しっかりとクーパー靭帯で支えられている胸であればしっかりと前を向いていますが、クーパー靭帯が伸びたり切れていたりすると胸が下を向いている、トップの位置までだらんと下に下がっています。

 

判断方法2.胸上部が削げていないか?

 

そして2つめは、胸上部が削げていないかです。

 

理想的な胸の形は、脇と同じ高さから、ふんわりと膨らみがはじまっています。脇の位置から近ければ近いほどバストにハリがある証拠です。

 

しかし、脇の位置よりも随分下にある場合、クーパー靭帯が胸を支える事が出来ず切れている、または伸びている可能性が高いと言えます。

 

別名を「削げ乳」と言いますが、バストの上部のボリュームが極端になくなっている事を指しています。

 

 

クーパー靭帯が切れてしまう原因?

 

 

クーパー靭帯は一度伸びたり傷ついてしまうと戻ることはありません。クーパー靭帯は伸びやすいゴムを想像して貰えると良いでしょう。

 

一度伸びてしまったゴムは戻ることがないように、クーパー靭帯も同じような状況になります。

他にも普段の生活習慣からもクーパー靭帯が傷ついているかどうかの判断する目安になります。

 

原因1.ナイトブラをつけずに寝ている

 

 

ノーブラで寝ていると左右に肉が流れてしまいクーパー靭帯も伸びてしまいます。

 

原因2.普通のブラで激しい運動をしている

 

 

2つめは、スポーツブラを着用せず、日中用のブラで激しい運動をしている人です。

クーパー靭帯は伸びやすいゴムのようとお話ししたように、激しい動きが加わるとやはり伸びやすくなってしまいます。

 

原因3.妊娠・出産でバストサイズが急激に大きくなる

 

 

3つめは、妊娠・出産時のバストの変化

妊娠するとバストサイズが2、3カップ上がるのも普通です。

 

バストサイズが変わったのに、ブラジャーのサイズを変えずキツいブラジャーをしていると血行が悪くなりクーパー靭帯に負担がかかってしまいます。

 

このように普段の生活の中でクーパー靭帯に負担がかかる行動をしているかどうか、そして自分の胸を正面からまた横から見てみて下さい。

 

しっかりと張りがあるか、トップの位置が下がっていないか見てみてクーパー靭帯がどれくらい傷ついているか判断出来るでしょう。

 

痛みなど自覚症状がないので、見た目で判断するしか方法はないでしょう。

えっ?切れたクーパー靭帯って手術で再生できるの?

18年齢と共にバストがしぼんでしまったり、垂れてきたなどの悩みを抱えている人も多くいます。

 

妊娠出産や授乳、加齢によって、バスト内部にあるクーパー靭帯が切れてしまったり、伸びてしまったことが原因なのですが、

 

どんなに気をつけていても加齢によって、クーパー靭帯は伸びたり切れたりしてしまいます。

 

ですが、一度切れてしまったクーパー靭帯は、残念ながら元に戻ることはありません。

 

では、切れてしまったクーパー靭帯は再生する事が出来るのか?

 

クーパー靭帯の再生手術について紹介します。

 

 

クーパー靭帯は手術すれば復活するの?

 

 

クーパー靭帯とはふっくらとしたバスト支えている線維状の物質で、バストにハリや弾力を与えています。

 

コラーゲンが主な成分となっていて、とても細くてバストを包み込むように網目状に広がっています。

 

細くて繊細な物質ですからバストに負荷がかかることで損傷を受けて、伸びたり切れてしまったりします。

 

また、若い人でも合わないブラを長期間着用したり、スポーツなどでバストが揺れたりすることで、簡単にクーパー靭帯が切れてしまいます。

 

現代医療なら、クーパー靭帯を手術すれば復活できると思うかもしれません。

 

しかし、美容医療などでも今のところ、メスを使った手術などでクーパー靭帯を復活させる手術は存在しません

 

体の靭帯と違ってバスト内部のクーパー靭帯はとても細くて他の組織などと複雑に絡み合っていますし、網目状に広がっています。

 

メスなどで他の部分を傷つける恐れがありますから、今のところ手術法はないのです…

 

 

クーパー靭帯の再生を促す光豊胸

 

 

しかし、クーパー靭帯の再生を促す光豊胸という方法ならあります。

 

豊胸と聞くとバストの中にパックやシリコンなどを埋め込む手術がイメージされますが、そうではありません。

 

光豊胸はメスを使わない安全で手軽な方法ですから、誰でもトライしやすいのがポイントです。

 

IBE・光豊胸機

 

IBEという特殊な光をバストに当てることで、血行やリンパの流れがよくなります。

 

血行やリンパの流れがよくなると、バストの脂肪細胞もしっかりと栄養を得ることができて、バスト内の不要なものが排出されやすくなります。

 

脂肪細胞が本来の機能を最大限発揮できますから、ふっくらしたバストをキープしやすくなります。

 

深部にある細胞などが活性化されて、新しいコラーゲンなどが生み出されやすくなります。

 

コラーゲンが増えることでクーパー靭帯が強化されて、バストにハリや弾力が戻り、

下垂したバストがリフトアップされて上向きになってきたり、ぷるんとしたハリが戻ってきます。

 

さらに、乳腺も刺激されて女性ホルモンの分泌も活発になりますから、バスト周りに脂肪が集まりやすくなります。

バストアップ効果にも期待できますから、多くのバストの悩みを改善するのにつながります。

 

そんな光豊胸は美容クリニックや、バストアップサロンで受けることができます。