胸を支える組織「クーパー靭帯」って何だろう?

「クーパー靭帯」という言葉を聞いたことはありますか?

クーパー靭帯とは、胸を支えるための組織で、バストの形やハリを保つために必要な部分になります。

ここでは、綺麗なバストラインを保つキーワード「クーパー靭帯」について詳しく紹介します。

 

クーパー靭帯の主な成分はコラーゲン!

 

 

画像引用元:ナイトブラの女神

 

クーパー靭帯はコラーゲンが主な成分で、硬く結合されていて、乳房の中にある乳腺や脂肪と乳房の表面を覆う、皮膚を繋ぎ止める役割があります。

 

クーパー靭帯があるおかげで胸は丸い形を保ち、乳腺を正しい位置に固定されているのです。

靭帯と聞けば、一本の大きな筋のようなイメージをする人もいるかも知れませんが、クーパー靭帯は網のように広がっていて乳房内にある乳腺や脂肪の隙間を埋めています。

 

マンモグラフィーで見てみると、筋のようではなく、ほぐした綿のように細かく広がっているのがわかります。

 

クーパー靭帯が伸びる原因は?

 

 

クーパー靭帯はバストの形を保つために必要な存在で、靭帯が伸びたりしてしまうと乳房も垂れてしまいます。

 

基本的にはある程度伸びてもまた元に戻りますので、日常生活では特に気にするポイントはありません。しかし、女性にはクーパー靭帯の制御範囲以上に伸びてしまうことがあります…

 

ホルモンバランスの影響で、胸が急激に大きくなる時

 

 

それはホルモンバランスによる影響です。

特に思春期や授乳期などが該当しますが、思春期になると徐々に胸が大きくなり、それに合わせてクーパー靭帯も伸びてしまいます。

思春期が過ぎてからは胸の大きさもある程度固定されるので特に問題はありませんが、授乳期になるとさらに胸は大きくなってしまいます。

 

乳腺が大きくなると必然的に胸も大きくなり、クーパー靭帯も伸びてしまいます。
しかし授乳期が終わると胸はもとの大きさになります。

 

もとの大きさになっても、クーパー靭帯は伸びたままの状態になってしまうのです。

 

姿勢が悪いと胸が垂れる原因に…

 

 

そして案外見逃しがちになってしまうのが姿勢です。

猫背になっている人は特に要注意で胸が垂れてしまう原因となってしまいます。

 

一度伸びたクーパー靭帯は元に戻らない!

 

 

クーパー靭帯は一度伸びてしまうと元に戻ることはないという組織なのです。

 

また、授乳期を過ぎても、加齢に伴って胸の脂肪が落ちていくことでまたクーパー靭帯が伸びた状態になってしまいます。

 

クーパー靭帯は一本の筋ではなく、網のように広がっている組織ですので、急に切れて胸が垂れてしまうということはありません。そして組織の一つずつは小さなものですので特に痛みを感じることはありません。

 

そのため、現在胸が垂れてるようには見えないという人たちも実はクーパー靭帯の数%は切れているということがほとんどです。

 

残念なことにクーパー靭帯を元に戻したり、伸びるのを防ぐ決定的なものは現在発見されていません。

 

クーパー靭帯を伸ばさないようにする方法

 

 

しかし、少しでもクーパー靭帯を伸ばさないように効果がある方法はいくつか提案されています。

 

それは胸の血行を良くするという方法です。

きつく締めるブラジャーを長時間着用しない、体を冷まさないストレスを溜め込まないという基本的な方法がクーパー靭帯を伸ばさないようにするために有効的だと言われています。

 

寝る時にナイトブラを着ける

 

 

少しでもクーパー靭帯を守りたいという人はまずナイトブラから始めてみましょう。

ナイトブラは字の通り、夜寝る時専用のブラジャーで寝ているときにもしっかりクーパー靭帯を守ってくれるのです。

 

特に仰向けになって寝ている人は、重力にしたがって流れてしまうことでクーパー靭帯が伸びてしまいます。

 

また、横を向いて寝ている人やうつ伏せになって寝ている人は重力にプラスして体重もかかっているので、クーパー靭帯が伸びてしまう原因となるのです。

 

ナイトブラはしっかりと全体的に包み込む仕様ですので、窮屈にならず睡眠の邪魔にもなりません。

 

参考サイト:https://xn--30-mg4a3fi8etg428x2jit04a.tokyo/

 

運動するときは、スポーツブラを着ける

 

 

ほかにも、激しい運動をする時にはスポーツブラを着けることをおすすめします。

スポーツブラは運動によって動いてしまうことでクーパー靭帯が切れてしまうことを予防します。

大人はもちろん、成長期の若い女の子もこれからの成長に向けてスポーツブラの着用をするようにしましょう。

 

胸を揉みすぎると、クーパー靭帯を傷つける

 

 

また、よく胸を大きくする方法として「胸を揉む」というものが紹介されていることがありますが、これは特に意味は無いとも言われています。

 

意味がないどころか、胸を揉み過ぎるクーパー靭帯を傷つけてしまって大きくなるどころか垂れやすくなってしまうのです。

 

さらに彼氏や旦那さんに揉まれることもあるかもしれませんが、その時に強く揉まれてしまうとクーパー靭帯に影響を及ぼす可能性があります。ですので、相手には「胸のためにも強く揉まないで」とお願いしておきましょう。

 

 

バストの形を保つ早道は、正しいバストサイズを知る!

 

 

バストの形を保つために、現在の自分の形やサイズを確認しておくのが大切です。

 

しっかり測るのは意外とめんどくさいので、一度測ってしまったらそれからは一切測っていないという人も多いのですが、クーパー靭帯がしっかり保たれているかをサイズで確認しましょう。

 

クーパー靭帯が切れて垂れてしまうと当然バストサイズが変わりますし、バストの形も変わってしまいます。

 

入浴時などに鏡で毎日確認しておけばクーパー靭帯の状態を確認するだけでなく、乳がんの早期発見にもつながりますので、やっておいて損はないですね。